読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やんわり放射線の日記

皆様、はじめまして❗やんわり生きたい放射線です(^^)人生 やんわり生きるのが目標です。宜しくお願いします❗

吹雪のなか、京都女子駅伝が悲惨に…。

【吹雪のなかで駅伝】

雪に見舞われた京都で、「第35回全国都道府県対抗女子駅伝」が決行された一方、「第1回京都競馬第5日」の全レースが中止となった。

 

吹雪の中を走る女子選手と休む馬の対比に、ツイッターでは、選手たちを称賛する声が殺到するとともに、困惑の声も寄せられた。

 

テレビ中継で選手の姿が見えず


f:id:xrayrayray:20170116094316j:image
京都・西京極陸上競技場右京区)に鳴り響いた号砲を合図に、中学生から社会人までの女子選手が一斉にスタートを切ったのは、17年1月15日12時半。14日夜から降り続いた雪で、コースの状態は悪い。

 

この日の午前中には、京都市内で10センチを超える積雪も観測されていた。

 

雪は、レース中も降り続いていた。

トップを走る選手が折り返し地点の国際会館前(北区)に差しかかったころには、選手の額に積もるほど強くなった。容赦なく選手の体に打ちつける雪。テレビの中継映像も、吹雪で選手の姿が見えないほどだった。

 

そんな悪条件の中も女子選手は走りぬき、白熱した試合を見せた。終盤、地元の京都に加え、埼玉、千葉、神奈川、長崎が激しい首位争いを繰り広げた。結局、全9区間42.195キロを制したのは、京都だった。

さすがは、地元の選手の底力をみせてくれました。

 

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)