読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やんわり放射線の日記

皆様、はじめまして❗やんわり生きたい放射線です(^^)人生 やんわり生きるのが目標です。宜しくお願いします❗

検査屋📷 ④

検査屋📷 ④

 
年輩男性のMRI検査が始まる。
 
 
頭部に検査用のコイルをかぶせる。

f:id:xrayrayray:20160528190333j:image
年輩男性は、不安そうな顔をしている。
 
そんな顔をみて、技師から優しく検査説明がある。
 
『今から検査を始めますね。痛みなどはないので安心して下さい。
検査中は動かないようにして下さいね。
後、大きな音がしますが驚かないで下さいね。』
 
不安そうな顔のまま 年輩男性はMRI装置の中に入っていく。
 
 
ガーガーガー、コトコトコト
 
 
検査装置から地鳴りのような音が聞こえてくる。
 
 
頭の見たい部位に、高い磁場をかけ写真を作る。
 
その時、磁場の力が強すぎるため装置内がきしむ音だ。
 
約3分前後 この音が続き写真📷が作成されていく。
 
 
まずは頭部の下の部分から見ていく。
 

f:id:xrayrayray:20160528192929j:image
 
次に上の断面に移動して見ていく。
 
 
すると…。
 

f:id:xrayrayray:20160528193245j:image
 
あっ⁉
 
 
技師の手が止まる。
 
 
やはり という表情で検査を進めていく。
 
 
技師は撮影台に、年輩男性を誘導した時に
右側に傾いて歩いて来たのを思い出していた。
 
 
左側頭頭部内に血腫があるため 右側の四肢に症状が現れ少し傾いていたのだ。
 
 
脳の神経は 頭と首の境目で左右が反転する。
 
 
そのため、左の脳が障害を受けると右側に症状があらわれるのだ。
 
 
技師は、検査が中盤を過ぎる頃 主治医に連絡をとった。
 
 
『先生、まだ検査中ですが 左側頭部内に血腫らしきモノがあります❗確認 お願いします。』
 
 
すると主治医は
 
 
【やっぱりあったか。実は、左の頭部に 少し前に打撲したらしき後があったんだよ。
 
患者さんは、認知症もあるし 何かの拍子にぶつけてしまい その事を忘れてしまったんだろう。】
 

f:id:xrayrayray:20160528211550j:image
 
その後、検査が終わり年輩男性は
脳内血腫を取り除くため手術となった。
 

f:id:xrayrayray:20160528211806j:image
 
中年女性の奥さんが感じた感覚は間違いでは
なかったのだ。
 
 
いつも見ているからこそ分かる
 
 
やはり、家族や身近な友達など 親しい人の意見は正しいことが多いのである。
 
 
その後、あの年輩男性は後遺症もなく無事に
退院した。
 
 
認知症はあるものの 健やかな日々を送って頂きたいものだ。
 
 

では皆様、また次回に