読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やんわり放射線の日記

皆様、はじめまして❗やんわり生きたい放射線です(^^)人生 やんわり生きるのが目標です。宜しくお願いします❗

検査屋📷❗ ①

やんわり放射線 医療ミステリー ラジエーションハウス

画像屋🌉 検査屋📷❗


私たちの 職種をこう呼ぶ人がいる。

または、画像屋🌉

本当の名称は、放射線技師なのだが

私はこの呼ばれ方が 実は好きである。

鍛冶屋のように 職人気質が溢れているからである。

写真📷を撮るだけの仕事だと思われがちだか、ただ体の写真を撮っているたけではない。

病変や正常でないものを写し出す検査なのだ。

そのためには、正常な体の内部の画像を幾度も見て 正常でないモノがあった時に感じる


『違和感💀』


この感覚を大事にしなければならない。



f:id:xrayrayray:20160524142502j:image


違和感がなければ 体の病変や変化を見つけることが難しく 診療に役立つ見易い写真📷を診察現場に提供する事ができないのである。


昔、先輩によく言われたことが

『アホでも 分かる写真📷を出さんかい💣❗』

と怒られたものだ。

言葉は良くないものの 確かに的を射ている。

『アホでも分かる』

誰が見ても すぐに病変や変化が分かる写真を提供するということだ。

人の体は、千差万別で100人いたら100通りの検査が存在すると私は思う。

その中から 様々な病体変化を写し出すのが我々の仕事なのである。


f:id:xrayrayray:20160524142328j:image

昼下がりの のんびりとした午後☕



外来から連絡📲が入った

『今から、腰痛のある方が 検査に下ります
宜しくお願いします~❗』

『は~い❗ 了解で~す❗』

ちょうど、遅めの昼食を終えて 一息ついてから病棟患者さんの検査に取り掛かろうと ゆったりしていた時での時間外検査。


通常、病院では午前中に 外来の患者さん検査を主に行い 午後からは病棟の患者さん検査をするのが一般的だ。

午前中、野戦病院のように待ち合いに殺到する検査待ちの方々

定期検査といって、治療中の経過観察のために 何週間かおきに検査に訪れる方や

他の病院からの紹介状を持って 検査にこられる方などでごった返している。

その間を、救急搬送🏥🚑された方の救急ベットが通り検査室内に吸い込まれていく。


画像屋🌉の私たちも、一般検査の合間に救急検査を割り込ませ

時間⏰と戦いながら検査を過不足なくこなしていく。

そんな午前中が終わった 一息ついた時の外来連絡であった。